海老で鯛を釣る//イラストレーション勉強中(パレットクラブ16期卒)日々の生活をイラストレーションと写真で紹介します。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/06/30 (Mon) バレエ・リュスの衣装展を観に行く

六本木にある国立新美術館で開催されている
『魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展』
を観に行ってきました。

IMG_20140630_0007.jpg
 

20世紀初頭、ロシアのバレエ団がパリで公演をしました。

ロシアバレエ団(バレエ・リュス)の興行師セルゲイ・ディアギレフ

はバレエが衰退していたパリに乗り込み、レベルの高い舞台を次々に

行い、観客を熱狂させます。パリの文化人たちはバレエ・リュスに

魅了され、こぞって舞台制作に参加していきます。

 ディアギレフの総括力は凄まじく、プライドの高いベルエポック

のアーティストでさえ自分の表現よりも、彼の求める芸術観

に献身的に答え、総合舞台芸術を作り上げました。

 今でこそ舞台芸術が舞踊、音楽、美術を総合したミクスト

メディア・アートであるという認識は当たり前ですが、

その基盤を作ったのがディアギレフ率いるバレエ・リュス

だったのです。今までバレエ・リュスを題材にした展覧会

やドキュメンタリー映画は公開されてきましたが、今回の

ような膨大な衣装コレクションが来日するのは初めてです。

 衣装デザインには20世紀を代表する芸術家、ピカソや

マティス、デ・キリコなどが制作しておりバレエ・

ファンのみならず、20世紀アート・ファン

にも興味深い展示になっています。

IMG_20140630_0001_NEW.jpg 

(『えび新聞』121号より)
私がバレエ・リュスに興味を持ったのは、高校生

の頃ジャン・コクトーを愛読していた時です。

バレエ・リュスがパリへ訪れた当時、コクトーは若き青年

詩人として華々しく文壇デビューしたばかりで、いわゆる

アイドル的扱いを受けていました。その立場に甘んじていた

コクトーにディアギレフは「私を驚かせてみたまえ」と

挑発します。ディアギレフに舞台の台本を書くように

けしかけられたコクトーは『パラード』を書き上げます。

コクトーは社交界の花形であり、才能のある若いアーティスト

たちと親交がありました。その人脈を生かして舞台制作を友人

たちに依頼します。台本はコクトー、舞台美術はピカソ、音楽は

エリック・サティ、振付レオニード・マシーン。彼らはこの舞台を

きっかけに一流芸術家の仲間入りを果たすことになります。

IMG_20140630_0002.jpg 
(『えび新聞』121号より)
そして『パラード』はバレエ史に大きな足跡を残しました。

 私は学生の頃に、このエピソードを読んでワクワクしたものです。

私はコクトーの交友関係のおかげで様々なジャンルのアート

に興味を持つようになったのです。今、自分が持っている

知識の大半はこの頃に得たといって過言ではありません。

 展覧会場に入るとすぐにコクトーが手がけた

巨大な上演ポスターが出迎えてくれます。

コクトー・ファンの私にはたいへん嬉しい展覧会でした。 


スポンサーサイト

美術館 | comment(2) |


| TOP | next >>

イラストレーション

dog portrait

プロフィール

えび新聞

Author:えび新聞
イラストレーター
(パレットクラブ16期修了)
イラストレーションの他に
切り紙制作もしています。
HPアドレスhttp://dnnpi9.wix.com/webebi

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。