海老で鯛を釣る//イラストレーション勉強中(パレットクラブ16期卒)日々の生活をイラストレーションと写真で紹介します。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/08/24 (Mon) 小泉八雲による「虫の研究」

今年の夏は蚊に刺されなかったなぁと思ったら、
連日猛暑だった為に蚊が発生しずらかったようですね。
毎年、蚊に刺されるのが日本の夏の風物のようですが、
夏の風物詩といえば、怪談もそうですね。
私は夏の読書に小泉八雲の『怪談』を読んでいたのですが、
岩波文庫版には「虫の研究」というエッセーが一緒に収録
されており、その中に蚊を題材にしたものがありました。
IMG_2152.jpg 
たまたまこれを読んだ8月20日は「蚊の日」でした。
そうか、この季節はよく刺されるからなぁと納得して
インターネットで検索してみたら、記念日の由来は、
1897年イギリスの細菌学者ロナルド・ロス博士が
蚊の胃の中からマラリアの原虫を発見したからだそうです。
IMG_20150822_0001_NEW.jpg 
西洋人であるイギリス人にとって蚊は害虫でしかないのですが、
同時代に日本へ訪れたイギリス人ラフカディオ・ハーン(八雲)は、
蚊は日本の文化に根ざした生物だと論じています。
アメリカの新聞社の特派員として日本へやってきたハーンは、
高温多湿の日本の夏に発生する蚊に悩まされ、
防衛策を求めてハワード博士の「モスキート」
という著作を読んだとエッセーに書いています。
 
ハワード博士による撃退法は、蚊が発生する溜まり水の中へ
石油かケロシン油を撒けばいいそうです。
ハーンは自分の生活環境でそれをするのは
不可能だとして実行にはいたっていません。
その理由として、住まいの近くに墓地があり、墓石には
必ず「水溜め」という楕円形のくぼんだ穴が彫ってあり、
その穴には必ず水が溜まっているからだといいます。
雨の多い東京で溜まった水が乾くことはほとんどありません。
そしてお盆には花がたくさん供えられるわけだから、
その水の中から蚊が大量発生するわけです。
それを撲滅しようと思ったら、先祖代々の墓を破壊しなければならず、
そのようなことを日本人ができるはずがないと結論しています。

日本の自然環境が蚊の発生を誘発しているのではなく、
日本の文化が蚊を発生させているとは思いもよりませんでした。
蚊の撲滅を実行すれば「父祖伝来の祭祀の詩美を破壊して
しまうことになる」とまで言われると、蚊に刺されることぐらい
我慢しなくてはいけないような気がしてきます。

仏教の教えにしたがうと、蚊は死者の化身であるとし、
ハーンは自分も死んだ暁には蚊に生まれ変わりたいと言うのだから、
彼の蚊と日本に対する愛情の深さは相当なものです。
こういう本を読むと殺生はできないなぁと思うのですが、
蚊の羽音を聴けば、やはり条件反射的に叩いています。

スポンサーサイト

書籍 | comment(0) |


| TOP |

イラストレーション

dog portrait

プロフィール

えび新聞

Author:えび新聞
イラストレーター
(パレットクラブ16期修了)
イラストレーションの他に
切り紙制作もしています。
HPアドレスhttp://dnnpi9.wix.com/webebi

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。