海老で鯛を釣る//イラストレーション勉強中(パレットクラブ16期卒)日々の生活をイラストレーションと写真で紹介します。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/04/17 (Sun) 愛猫ピー追悼

年明け1月8日、我が家の愛猫ピーが他界しました。
享年16歳

クリスマスカード2010 (13) 2  
ピーは昨年3月、一週間以上食事が出来なくなる瀕死
状態に陥るも持ち直したのですが、今年に入って
再び体力が低下していき、徐々に弱っていきました。
昨年に寿命を迎えていてもおかしくはなかったのですが、
6月愛犬ドンがガン宣告をされ、たちまち衰えていったので、
ピーはドンを看取るまで自分の寿命を延ばしたように見えました。
IMG_3832.jpg 
8月は私の個展があり、10月には姉が入院、手術
したりと、様々なことがありました。そのつど、
ピーは私たちが心配しないように忙しい年末まで
元気でいてくれて、正月休みに入って、家族が落ち着いた
頃にゆっくりと、いのちの灯を消してゆきました。
ピー3 
ピーは1999年4月18日に、姉のベットの上で産まれました。
4匹産まれうちの次男で、長男は死産でしたのでピーが最初
の子猫でした。ひとりが好きな子で、いつも兄弟から離れて
カゴの中に入って昼寝をしていました。父猫タイガーがいた
頃は、一緒に縄張りを見回りに行く活発さもあり、タイガー
ほど行動範囲は広くはなかったものの、一時期は近所のボス
を張っていたようです。野良猫との付き合いも上手で、
社交性があったので、若い頃はよく野良猫仲間と連れ立って、
朝帰りをしたものです。夜、庭で寝るのが好きで、家の中で
寝ないので、人間の家族が「ピーちゃんは家の子なの?外の
子なの??」と苦言を言うと(しょうがないな〜)と迷惑そう
な顔をして、しばらく家の中で過ごしてくれることもありました。
彼にしてみれば庭も「家」なのでしょう。父は、ピーの外での
寝床を見つけると、そこに毛布を敷いてあげていました。
するとピーは喜んで、いつまでもそこでまったりしていました。

歩けなくなるまで彼は家の外へ出て、縄張りの見回りに行きました。
フラフラな足取りで、半日以上かけて、歩き廻ったので、家族は家の
外へ死に場所を探しに行ってしまったのかと不安がりましたが、
ちゃんと帰宅してくれました。そして、とうとう外に出れなく
なりました。動けなくなる前に挨拶回りに行のだろうと家族は
話し合いました。ともかく律儀な子なのです。亡くなる一日前
には、普段行かない父の寝室まで行って父と夜を過ごしました。
最期の日は完全に動けなくなってしまったので、父が用意して
くれた箱の中で寝ました。私と姉と母は居間へ布団を敷いて、
ピーの箱を皆で見守ることにしました。そして深夜、家族が
寝静まった時、母猫リリーに見守れながら、息を引き取りました。
IMG_5089.jpg 
明日はピーの誕生日です。家族みんなで
お祝いしてあげようと思います。

スポンサーサイト

我が家のペット | comment(1) |


| TOP |

イラストレーション

dog portrait

プロフィール

えび新聞

Author:えび新聞
イラストレーター
(パレットクラブ16期修了)
イラストレーションの他に
切り紙制作もしています。
HPアドレスhttp://dnnpi9.wix.com/webebi

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。