海老で鯛を釣る//イラストレーション勉強中(パレットクラブ16期卒)日々の生活をイラストレーションと写真で紹介します。
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/02/04 (Thu) これから始まる個展について

昨年、イラストレーションの学校パレットクラブスクール
特別ワークショップに参加した時、学校の先輩にあたる
イラストレーター石川ゆかりさんに出会いました。
好きな絵画の話などをしているうちに
「今度、詩人の平岡淳子さんと展覧会を行うので
良かったら観に来てくださいね」と言われました。
私はパレットに在学中、卒業展示の時に「詩」がテーマ
だったので、それ以来詩とイラストレーションの関係
について興味があったので、これはなにかの縁だと思い、
展示会場である「ブックカフェ槐多」に向かいました。
IMG_4377.jpg 
(石川ゆかりさんと平岡淳子さんの「日常」展パンフレットとDM)

天井の高い壁に詩とイラストレーションが交互に飾って
おり、ロードームービーを見ているような気分になります。
でも、映画ではないので何度も行ったり来たりしながら、
詩を読んだりイラストレーションを眺められることができます。
IMG_4396.jpg 
(天井の高いカフェスペースには本がびっしり)

見ているうちに
「イラストレーションは一枚の絵では成り立たない。
テキストがあって始めて成立するものだ」
とパレットクラブスクールで教わったことを思い出しました。
良いテキストに出会うことはイラストレーターにとって幸せなこと
なのだろうな、と「イラストレーター」と名乗り始めた私は思い
ました。イラストレーターと名乗ることは簡単で、イラストレーター
として認知されることは容易なことではないとパレットを卒業してから
ろいうもの、つくづく痛感します。でも、名乗らなければ始まらないので、
恥ずかしくても「イラストレーター」として名乗ることにしています。

イラストレーターとして何のキャリアもなく、受賞歴のない私に
平岡淳子さんがブックカフェ槐多での展示の機会を与えてくれました。
淳子さんは私が描くイラストレーションを気に入って
くれただけではなく、私がイラストレーションを描く
動機が面白いと思ってくださったのだと思います。
1月から始まった四ッ谷での個展や、ヴィンテージファッション
を扱っているお店とコラボして展覧会をする企画が3月にある
ことをお話したことで、槐多での個展を思いついてくれたのです。
それぞれの展示作品はテーマを替えていますが、すべて70年代
ファッションをモチーフにしています。各所での個展のおかげで、
あまり定まっていなかった作風が統一されてきました。

 IMG_20160103_0001_NEW.jpg 

ブックカフェ槐多での展覧会は
2月10~13日・17~20日です。
(日・月・火曜定休)
カフェでの展示になりますので、
1オーダーお願いします。

活動履歴 | comment(0) |


<<ファッションドール展のお知らせ | TOP | 2月・3月 個展のおしらせ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

イラストレーション

dog portrait

プロフィール

えび新聞

Author:えび新聞
イラストレーター
(パレットクラブ16期修了)
イラストレーションの他に
切り紙制作もしています。
HPアドレスhttp://dnnpi9.wix.com/webebi

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。